ホーム>海真丸の今日はなんびき?>2011年1月

2011年1月

しゃべりやがった!

底棲生物(benthos)の代表格のナマコ、

ヒラメ網ではオキナマコがよくかかります。

刺し網の底辺の鉛線近くにかかるのがほとんどですが、

今日は網に中ほどより上、3メートルある網丈の浮子綱近くにも

何個かかかってきました。

「海真丸さん、網が汚れて寝ちゃってますよ。これじゃあヒラメはかかりませんよ!」

「そんなこと、オキナマコさん、アンタのひっかかっている場所を見ればわかるよ!」

しゃべりやがった。

平成の売国!??

えっ!売国?

「平成の売国」って私には聞こえましたけど。

アメリカの穀物戦略に私たち民衆の生命を預け、

この列島弧に培われた歴史と文化を崩壊させる、

まさに言い当てて妙ですね。

外交オンチで経済に疎いと言われているのか、言ったのか、

そんなあなたでも、お分かりのようで。

今年2回目の朝市!

今年2回目の朝市、私もかなり久しぶりに行きました。

ヒラメ、ホウボウ、小マトウ、ナマコ、エンコウガニなどを販売しました。

今朝たぐった網も汚れていて、

魚は少し。

ホウボウ、マトウダイ、カレイなどが欲しかったのですが。

この汚れがとれてくれないことには、

魚も増えてこないでしょう。

酒匂川からの濁流の影響もあるのかも知れません。

しかし、魚がたくさん獲れなくては困ってしまいます。

増えてくれることを願いつつ、

朝市も、これから続けて出店する予定です。

よろしくお願いします。

1月29日の朝市出店します!

明日の朝市出店します!

魚の気配少しずつ出てきました。

ホウボウとヒラメとナマコを予定しています。

よろしくお願いいたします!!

カヤモノリ

これは、カヤモノリではないかと思われます。

アオサやハバノリなどと一緒に、潮間帯に生えていました。

「日本の海藻」(2004年田中次郎)によれば、

冬~春に生育「管状のからだ」。

春~秋は「かさぶた状の世代」。

で全く異なった形態。

世界的に広く分布する褐藻。

干して、あぶり、もんで食する。とありました。

点々と生えていましたので、

ためしに採ってみました。

干して食べてみようと思います。

あたり一面生えているわけではないので、

商品化するほどありません。

おいしかったら私一人で楽しみます。

海の魚大図鑑

本の紹介です。

「海の魚大図鑑」

著者は「隔週刊つり情報」ライターの石川皓章(ひろあき)さん。

著者自身が釣り上げた約600種が写真とともに記載。

多くの釣り人が興味ある種から、あまり関心を持たない種まで、

まさに、釣り人による釣り人のための図鑑といえるのではないでしょうか。

日東書院より、5000円+税。

地球博物館の瀬能博士監修です。

船も合羽も泥だらけ・

今日も網は泥だらけでした。

船も合羽も、とても沖で仕事をしたとは思えません。

先週の月夜まわりで網が汚れてから、

ずっとそのままです。

月もかなり欠けてきたのに、汚れが続いているのは、

低層の水温がまだ高いのではないかと思っています。

水温が下がりきらない時期に獲れるアンコウ(和名アンコウ。

日頃アンコウと言っているのは和名キアンコウ)が、

時々かかっていることからも想像できます。

ホウボウ、今日はゼロ匹、この状況では仕方ないでしょう。

しかし、型のいいヒラメが2枚きました。

獲れたのはこれだけですが、よくかかってくれたものです!

ハバノリ

「はば」「はんば」と呼ばれるハバノリが

この冬は、たくさん岩についています。

波で洗われるような潮間滞に生えており、

干潮時になると、陸からむしるように摘み採ります。

これを、すのこに干して、板海苔にします。

製品は軽くあぶって、もんで、ご飯にふりかけて食べます。

ハバノリは私は小田原に来て始めて知りましたが、

お正月には、特に皆さん食べたがるようで、

珍重されます。

ずっと晴天続きなので、浜のここそこにハバノリが干されています。

シロギス好調です!

今日は釣り船です。

シロギス狙い。

シロギスは引き続き好調です。

水深25~30mと、

まだ深場に落ちていません。

中型主体にポツポツ釣れました。

アタリも明瞭です。

外道に、方々・トラギス・カサゴ・ヒメジ・ハゼなど。

オモリ20号、釣り場は港から近いです。

1月22日朝市出店します!!

今年初めての朝市、出店いたします!

明日は、ナマコとホウボウが少々。

久しぶりの出店です!

皆様、お待ちしています!

月別カレンダー

loading...

月別アーカイブ

ページ上部へ