ホーム>海真丸の今日はなんびき?>2012年5月

2012年5月

アジ・メゴチ・イワシ・ユメカサゴ・ドンコ・シロムツ・サバ味の魚隆さんで!

今日は釣り船に出ました。

始めにシロギス狙い、小田原港近くで。

濁りがきつく、喰い渋りでした。

ヒイラギ多数、アジ・メゴチ・イワシなど混じり。

端物道具も少し出しましたが、

しっかり喰い逃げされました。

早々に根魚に転向。

こちらも、小田原港近く。

潮が動き出すと、ポツリポツリとあたり続け、

終了時間まで楽しめました。

ユメカサゴ・ドンコ・シロムツ・大中サバ、

それに、カサゴが大・中・小サイズをウッカイ釣ってしまいました。

ということで、これらの獲物は

「味乃魚隆」さんで食べられます。

イセエビ漁も、今夜でおしまい。

イセエビ網は、今夜でとりあえず4・5月漁期が終了です。

網の入る場所はだいたい決まってしまうので、

この頃になると、魚も網に慣れてしまい、

たいした漁も無くなってしまいます。

何かきたぞと思ったら、ウツボだったり・・。

一方、定置網には、イサキがチラホラと入り始めました。

これから旬を迎えるので、楽しみです。

ライトタックルなど、釣り船でもぜひ楽しませていただきたいです。

5キロ以上のイシダイ!

昨日イセエビの刺網にかかったイシダイは、

5キロ以上ありました。

幅もあって立派なものですが、大きい割にはシマがはっきり出ています。

5キロ超えるものは、そうそう獲れません。

今日も2.5キロぐらいのものがかかりました。

水温も高くなり、かなり活発に動いているようです。

5月26日の朝市は出店します!

明日の朝市は出店します。

サザエのほか、

明日の朝の漁次第で、魚をお持ちいたします。

よろしくお願いいたします。

前半凪・後半白波

今朝は久しぶりにいい陽気で網を手繰ってしまいました。

うねりを警戒して控え目に網を入れたのがかえって災いか、

3:30出船と、いつもより遅く港を出て、

凪だったこともあり、チンタラ仕事をしていたら、

風が吹いてきました。

北北東の風が強まる一方、

白波で辺りは真っ白になってしまいました。

潮も速かったので、船はどんどん流されてしまい、

網をたぐるにも、いい加減ナナメに手繰ってしまいました。

ナナメに」網をたぐると、石ころはゴロゴロひろってくるし、

海底の岩についているヤギやカイメン類も多くかかってしまいます。

 

シロギス・アジのリレー釣り!絶好の釣り日和!

今日も釣り船に出ました。

シロギス・アジのリレー釣りです。

アジはビシアジで港近くを探りましたが、

アジは今日も顔を見ただけでした。

良型サバはポツポツ釣れました。

キスも港近くで。

こちらはどこでもアタリがあり、サイズも良型多く、

今日はまずまずの調子ではなかったかと思います。

他に、カワハギ・メゴチ・キュウセン・トラギス・ヒメジ・ヒイラギなど、

いろいろ混じってにぎやかになりました。

1日を通して、波・風弱く、暑すぎず、絶好の釣り日和でした。

ライトタックル・アジ五目で、メジナ・メバル・サバ・シロギス!

今日はチームサイニチさんです。

イサキはどうよ?ということで、挑戦してみましたが、

型見ませんでした。

ライトタックルにイサキがほとんど混じらなかったことからも、

今のところ少ないようです。

水深30m前後根回りで、良型メジナ数枚とメバルなどが釣れました。

アジ五目に替えて水深100~200mを探りましたが、

釣れてくるのは、ほとんどがハナダイで、

たまにオキメルといったところ。

しばらくするとサバがやってきました。

大サバでしたので、お土産分を釣ってもらいました。

他にアマダイも。

続いて水深45mほどの所に移動しました。

アジはいるものの、サバ(こちらも良型)多く(ソウダまでまわりました)、

アジは少ししか釣れませんでした。

後半シロギス狙いの予定でしたが、、

アジ釣りをかなり粘ってしまい、残り時間は少なくなってしまいました。

しかも南風が思いのほか強く、アタリはわかりづらく、船も移動しづらい状況でした。

それでも良型のシロギスがたまには釣れてきたので、

風がそれほど強くなければ、ポツポツ釣れたのではないかと思います。

5月19日の朝市はお休みします。

明日の朝市はお休みします。

またのおこしを、お待ち申し上げます!

ヒメセミエビ?

ヒメセミエビの一種だと思うのですが、

それ以上のことはわかりません。

ヒメセミエビは、イセエビの刺網に時々かかるのですが、

ヒメセミエビの仲間は、日本の沿岸に数種あるようです。

ヒメセミエビによく似ているが、

やや幅が広いものは、注意してみると区別できます。

このエビは体色などから明らかにヒメセミエビとは異なりますが、

今まで気にせず、素通りしていたのか、

ごく希にしか獲れないものなのか、わかりません。

江の浦沖、水深10mで。全長で3㎝余り。

アオリイカの産卵時期

今日の小田原は、朝から雨が降ったりやんだり。

入梅の声を聞くのもそう先ではないような天気です。

梅雨時といえば、アオリイカの産卵時期とだいたい重なります。

これからイカの動きが活発になり、

産卵時期ということで大型のイカが目立ってきます。

今期は刺網にも2キロ近いイカがかかりました。

月別カレンダー

loading...

月別アーカイブ

ページ上部へ