ホーム>海真丸の今日はなんびき?>2013年7月

2013年7月

味乃魚隆・仕込み上々!

2013731214540.jpg2013731214620.jpg201373121472.jpg2013731214723.jpg2013731215152.jpg

今日も釣り船です。

お客さんは「小田原・味乃魚隆」さん。

遊びじゃないよとばかり、気合十分で乗船。

さて、仕込みのほどは?

まずは、アミコマセを使い、五目釣り。

何しろ、サバはいくらでも釣れます。

アジは顔だけ、キンギョハナダイはポツポツ釣れ、

こちらは新たなメニューが楽しみです。

次なる釣りものである、根魚五目のエサにも十分なサバが釣れたので、

早々に深場へと、変更しました。

水深150~200m、こちらも小田原港前で。

今日は数ヵ所まわったどのポイントでも、

シロムツがポツンポツンと顔を見せてくれました。

型もまずまずのものが多かったです。

残念ながら、カンコの顔はみられず。

他に、ユメカサゴ、ドンコ、トウジン、

そして今日も!女将がアカムツを続けて2匹!

どうせ釣られるのであれば、女将に釣られたいという、

アカムツの気持ちも、わからないではないです。

気が抜けるかのような、終日無風・ベタ凪でしたが、

何しろ私の刺網には、ほとんど魚はなし。

ここで釣らなければ!とばかり、頑張っていただき、

仕込み完了となりました。

お店にもぜひ。http://www.med-i.co.jp/uotaka/

シロムツ料理、いかがですか!

アオリイカの卵。

2013730213631.jpg2013730213739.jpg

タコカゴをたぐると、ずっしりと重い。

これは2Kぐらいの大物が入ったかと、

力が入ります。

が、

タコではなく、アオリイカの卵がびっしりついていました。

力が抜けました。

磯から少し離れた砂地でも、

目標があれば産卵するものなのですね。

また、7月上旬には、生まれたての稚イカを見かけていたので、

産卵時期も1カ月以上の個体差があるようです。

漁の方は、8がつより始まるイセエビ刺網漁までは、

どうにもなりません。

外道は、カワハギ・ヒメジ・ネズッポ・ミノカサゴなどいろいろ・・。

今日も釣り船に出ました。

狙いはシロギス。

朝のうちポツポツと顔を見ることができ、

今日はいいのではと思ったのですが、

その後はパッとせず、どこも、顔を見る程度でした。

外道は、カワハギ・ヒメジ・ネズッポ・ミノカサゴ・サバ・イワシ・テンスなどなど、

色々と釣れましたが。

また、泳がせハ、アタリのみ食い逃げされました。

終日無風のベタ凪でしたが、

午前中は雨が降ってしまいました。

サバだらけ!小イサキ・アマダイ・良型カサゴ!

2013728212932.jpg2013728212836.jpg2013728213034.jpg2013728213056.jpg

今日も釣り船です。

今月のチームなべちゃんは、アジ五目をやりました。

小田原港前、朝から午後まで、どこを流しても、やたらとサバが多く、

まいりました。

サバは良型だけ選っても、そこそこお土産になりましたが、

ちょっと多すぎです。

肝心のアジは、小アジ主体で、所により顔を見ることができました。

今日は、サバが邪魔とか、型がちいさいとか、言える状況ではなく、

アジの顔を見られれば、

しばらく辛抱して釣ってもらうしかありませんでした。

他に、ヒラソウダ、小イサキ、アマダイなど。

そして、モーリ・村田・なべさん、貴重なアジを泳がせてみましたが、

ここでもサバが食ってきたり、ウツボだったりと、

それでも、昼過ぎにオサムちゃんが、良型カサゴを釣り上げました。

村田水産の看板にいつわりなし!です。

泳がせは、他にも食い逃げなどありました。

シロギス・根魚五目で、ユメカサゴ・シロムツ・オキギス!

201372821166.jpg2013728211636.jpg201372821173.jpg201372821186.jpg

釣り船に出ました。

シロギス・根魚五目のリレーです。

シロギスはこれまでの好調ぶりから比べると、

今日はかなり食いの渋い状態でした。

サイズは良型も出ましたが、ポツポツ釣れるといった喰いっぷりではなく、

アタリが遠かったです。

外道にメゴチ・サバ・シイラなど。

シロギス泳がせの端物道具を出したお客さんが、

マゴチを釣り上げました。

後半、根魚五目は、水深150~200mぐらいを流してみました。

ユメカサゴがポツポツと釣れ、

他に、シロムツ・オキギスなど。

船体整備

201385215418.jpg

連日、漁模様はひどい状況です。

しかし、8月以降、釣り船・刺網漁が忙しくなるのに備えて、

船体整備など、しごとは途切れることがありません。

シロギスは今日も好調!

2013725214443.jpg2013725213848.jpg2013725213923.jpg2013725214058.jpg2013725214129.jpg

今日は釣り船に出ました。

夏休みということで、ご家族で乗船いただきました。

小田原港前、シロギスはポツリポツリ今日も好調でした。

外道もサバ・マハタ・ヌメリゴチ・カワハギ・ショゴなどなど、釣れてきて、

ちびっこの興味をひいていました。

釣り道具、ライフジャケット完備、

ポイントは港近く、ファミリーの皆様も安心してご乗船いただけます。

シロギス今日も好調!

釣り船に出ました。

シロギス、アジ五目のリレー釣りです。

シロギスは今日も好調。

小田原港前、素新15~40m。

良型も多く上がりました。

カワハギ、トラギス、メゴチ、ヒメジなど混じりました。

小キス泳がせはサバとウツボだけでした。

アジ五目は、どこもサバ多く、移動のくりかえし。

サバは良型に中・小も増えてしまいました。

アジは中・小アジが顔を出すところもありますが、

サバが切れず、いくらも釣れませんでした。

他にカサゴ、シイラなど。

カツオノエボシ

 

昨日、江之浦港内で見かけた、カツオノエボシ。

水面に浮く気胞体が風を受け、漂流します。

港内でもそよそよと弱い風が吹くたびに、

すーっと流されていました。

そして、下へと伸びる青い触手は刺ホウがあり、

毒は強く触れてしまうと、ミミズばれのようになるため、

危険な生物として、よく知られています。

女将がアカムツを釣り上げて!

 

今日も釣り船に出ました。

お客さんは網の魚を卸している「小田原味乃魚隆」さん。

刺網にはほとんど魚がかからないので、

とうとう大将自ら釣りに来てしまいました。

例によって女将と飲んべさんを連れて。

まずはアミコマセによるアジ五目。

アジ、港前で顔を見られるものの、サバが多く早々に切り上げました。

続いて、根魚。

カサゴが欲しいとのことで、水深150~180ぐらいの浅目を

流してみました。

この水深でもサバに時々悩まされましたが、

何かしら、アタリは続き、それなりに仕込みはできたようです。

ユメカサゴ・ドンコ・シロムツが多く、

カサゴも小振りのもの混じりで、

数匹ずつ釣れました。

終了間際には、女将がアカムツを続けて釣り上げ、

本日の稼ぎ頭決定しました。

飲んべさんもカサゴの顔を見たものの、

終日振るわず後程お店での飲み代が高くなりそうです。

月別カレンダー

loading...

月別アーカイブ

ページ上部へ