ホーム>海真丸の今日はなんびき?>2014年2月

2014年2月

大変興味深い記録。

2014226224930.jpg2014226224943.jpg2014226224957.jpg

刺網部会で標識を付けたアンコウが獲れました。

今期1匹目です。

根府川沖100m、ヒラメの刺網に掛かってきました。

神奈川県相模湾試験場に調べてもらったところ、

2011.4.26小田原地先にて放流されたものでした。

その時の全長が45㎝。

それを1年後の2012.4.21に私が再捕、再放流しました。

その時の全長は60㎝。

それから約2年、2014.2.24に再び私の網にかかりました。

全長は65㎝。

アンコウ(キアンコウ)の生態、成長を知るうえで、大変興味深い記録になると思います。

コブセミエビ。

2014225233910.jpg2014225233929.jpg2014225233946.jpg2014225233958.jpg

コブセミエビが獲れました。

イセエビの刺網には、ごくまれに掛かるのですが、

これは水深40mほどの砂地で掛かりました。

そして大きい。

600gほどありました。

私が獲った中では、今までで最大でしょう。

食べたら、さぞや美味しいことでしょう。

今月のなべちゃん・港前・凪。

201422423130.jpg201422423147.jpg20142242328.jpg201422423229.jpg201422423251.jpg201422423317.jpg201422423343.jpg20142242341.jpg201422423424.jpg201422423446.jpg20142242353.jpg201422423553.jpg201422423617.jpg201422423639.jpg

さて、今月のチームなべちゃん。

勝手にやるからと、何となく言いたいことはわかります。

小田原港前、水深40~50mでアジは今日もポツポツと釣れました。

ただ、カタクチイワシは群れに動きがあって、

あまり釣れませんでした。

この流れで端物道具も出ましたが、

潮がたるんで、アタリは少なく、怪しいと思って上げてみると、

イカ(マル?)にかじられボロボロだったり。

それでもなべちゃんホウボウにハタを続けて掛け、

少々遊べたのかな?

港前、今日も凪でした。

ウッカリカサゴにこっそりカワハギ。

2014224231744.jpg201422423184.jpg2014224231820.jpg2014224231838.jpg2014224231855.jpg2014224231914.jpg2014224231932.jpg201422423206.jpg

今日は釣り船に出ました。

五目とのことで、こちらはアミコマセとつけ餌のオキアミを用意。

仕掛けはお客さんが各々、ウィリー、ビシアジ、アマダイ、カワハギ等々。

潮がトロトロといい感じに流れたおかげで、

終日ポツリポツリとアタリがありました。

小田原港前、水深40~120mを点々とまわりました。

小~良型アジがあちらこちらで顔をみられ、オキメバルもポツンポツンと。

他に、キダイ、アマダイ、

ウッカリカサゴに

小野君がこっそりカワハギを。

港前、凪の1日でした。

じつはホウボウもこのブログを見ている?!

2014221205828.jpg

昨日は後半より潮は落ち着いたものの、

この潮のため水温は1℃以上上昇してしまい、

魚は少なめ。

網も投入時に流されて、思う所に入らなかったです。

主体となるヒラメ、アンコウは、いくらも獲れなかったのですが、

なぜかホウボウだけ、

どの網にもポツポツとかかってきました。

しかも、250~300gぐらいの小型のものばかり。

つい先日、大きいホウボウのみと書いたばかりなのに。

どいつもこいつも涼しい顔して網にひっかかっていましたが、

実はこのブログを見ているのではと疑いました。

魚は・かかりません。

2014218231330.jpg2014218231344.jpg

うねりもおさまり、風も無く、網を手繰るには絶好のコンディション、

と思いきや、

サキシオ速く、網を手繰っていてもどんどん流されてしまいます。

網も横にたおれて、魚はかかりません。

海底を流されるゴミばかり拾ってしまいます。

好ましい状況ではありません。

2014217211442.jpg

昨日はいい月夜でした。

このお月さんに誘われて、

マトウダイ、ホウボウがかかりました。

ホウボウは、獲れたといっても数本なのですが、

今年のホウボウは型良く400~500gぐらいあります。

漁の主体となるべき250~300gのものが、いくらもかかりません。

越年した生き残りしかいないのであれば、

好ましい状況ではありません。

降雪後、小田原はうねりが続き。

2014215221649.jpg201421522173.jpg2014215221752.jpg2014215221812.jpg2014215221836.jpg2014215221853.jpg

太平洋岸中心に広く降雪の影響がでていますが、

小田原の海はうねりが打ち寄せています。

昨日は北寄りの風も午後から時々強まる程度で、

少々網をたぐることができました。

今朝は風弱く、うねりのみ。

このまま、うねりも小さくなることを期待しましたが、

意に反し、強まる一方。

かえって風が吹いてくれた方が、うねりも早くおさまることが多いものです。

時おり、江之浦港の堤防を越えるほど。

これでは明もでられるのかどうか。

風が1日吹きっぱなし‥。

2014212224223.jpg

未明にやっと風も凪いで、

もしかしたら仕事ができるかもと出船。

しかし、わずか30分ぐらいの間に、再び風も波も強まって、

そのまま戻ってきました。

その後も1日吹きっぱなし。うねりも少しあり、海は悪かったです。

2月の上旬ぐらいまでは、冬型の強まりとともに、

南西~西寄りの風が2~3日吹き続き、沖に出られないということが、

10年くらい前までは普通にありました。

しかし、今は風向きも真逆、北東風で海をながめてしまっています。

また、金・土曜日に雨か雪の予報ですが、

少なくともそのあたりまでは、北東~北風が吹き続けるでしょう。

凪間に少しでも網を手繰れるといいのですが。

北東風強まり、昼過ぎ帰港。

201421204756.jpg201421204810.jpg201421204825.jpg

今日は釣り船です。

小田原港前で根魚五目、

水深180~200mぐらいの所をまわりました。

シロムツ、ドンコ、サバ、アナゴ、アラ、スミヤキなど。

だんだんと北東風が強まり、

風波立ち、寒くもあり、昼過ぎ帰港となりました。

 

月別カレンダー

loading...

月別アーカイブ

ページ上部へ