ホーム>海真丸の今日はなんびき?>2014年4月

2014年4月

良型アジ!!

2014430212819.jpg2014430212847.jpg

2014430212913.jpg2014430212937.jpg2014430212959.jpg2014430213017.jpg2014430213036.jpg

今日も釣り船です。

天気が心配でしたが、北寄りの風弱く、雨ときどき止むといった空模様。

雨だけならやりたいとのことで出船しました。

昨日同様、小田原港前、良型アジが顔をだしてくれました。

ポツリポツリと順調にお土産を確保。

雨ということもあり、昼過ぎに帰港しました。

あいあい四季亭仕込み完了!

2014429225515.jpg2014429225538.jpg2014429225559.jpg2014429225627.jpg2014429225644.jpg2014429225714.jpg

仕込みだ仕込みだ!!

仕込みといえばあいあいと四季亭だ!!!

と、本日の釣り船は、居酒屋あいあい・日本料理四季亭様御一行。

「小田原のアジ」を指名なので、小田原港前で。

まずは水深80~90mとやや深みの急傾斜から試してみると、

うまいことに一投目からアジが食ってきました。

その後もズットポツリポツリとアタリが続き、終了までアジの型も中型主体と良かっです。

居酒屋あいあい仕込み完了!

日本料理/四季亭仕込み完了!

皆様のご来店お待ちしております。

 

      

 

 

カサゴ釣れてます!

20144292244.jpg201442922426.jpg201442922441.jpg201442922457.jpg201442922528.jpg201442922755.jpg20144292292.jpg201442922932.jpg

今日も釣り船です。

カサゴ・アジのリレー釣りで出船です。

カサゴは30~40mとやや深い場所でアタリがあり、

皆さん顔を見ることができました。

アジは今日も何ヶ所かまわりやっと顔を見ることができましたが、

それからはポツポツと釣れ続きました。

なべちゃん`S・カサゴ景気はどこへやら。

20144272290.jpg201442722917.jpg201442722934.jpg201442722956.jpg2014427221015.jpg2014427221118.jpg2014427221134.jpg201442722120.jpg2014427221223.jpg

釣り船です。

今月のなべちゃん`S,

小田原港前で中小アジはポツリポツリと。

ただ、その日により、釣れる場所も時間も変っています。

チャンスをものにしないと、お土産がさびしくなってしまいます。

そしてなべちゃん`Sお得意のいたずらは、モーリさんのアマダイのみ。

オサムちゃんは、ウツボにウミヘビと長いものに好かれてしまいました。

昨日のカサゴ景気は、どこへやら。

今日は小カサゴしか釣れませんでした。

カサゴ良型!!!

2014427214831.jpg

2014427215024.jpg2014427215120.jpg201442721524.jpg

今日も釣り船です。

今日のお客さんは、道具・仕掛けはほぼ自前で、

こちらはアミコマセ・付け餌のオキアミ・サバ切身を用意して出船です。

始めに、100m前後でアマダイ・カンコなどを狙ってみましたが、

中アジとキダイとドンコが1匹ずつでした。

昨日良かった浅みの中・小アジはどうかと移動。

アジも釣れましたが、底でカサゴも喰ってきて、

皆さんカサゴ釣りになってしまいました。

カサゴは良型が多く、いいお土産となりました。

終わりに、再び100m前後の所を流してみました。

やはりアタリは少なく、オニカサゴ2匹と小アラのみでした。

これぞ!小田原のアジ!!

2014427205030.jpg201442720516.jpg

今日は釣り船に出ました。

アジ・サバ狙いの五目ですが、ゆっくり出船~早目の帰港とのことで、

短時間勝負。

港近くでいい所を当てたいところ。

幸い、先行の船から様子を聞くことができ、

港前でポツポツとアジを釣ることができました。

アジは中小サイズですが、これぞ小田原のアジといった

形のいいものばかりでした。

他に良型カサゴも船中数匹釣れました。

水深30~40m、アミコマセ、オキアミ餌で。

カサゴ釣りにとてもいい傾向です。

2014424221439.jpg

イセエビの刺網には、2・3日前から、カサゴ・オニカサゴが少し増えてきました。

水温が上昇し、動きが活発になってきたと思われます。

神奈川県水試の江之浦沖の流速計では、今日の日中16℃台を記録しており、

確かに水温が上がっていることがわかります。

カサゴ釣りにとってもいい傾向です。

平塚漁港の食堂。

2014423221614.jpg

新聞によりますと、神奈川県平塚漁港に、4月30日(水)食堂がオープンするとのことです。

「平塚漁港の食堂」と銘打って、平塚市漁協の加工・販売事業の拠点となるそうです。

その日の漁に応じた日替わり定食などの食事だけでなく、

惣菜も用意され、お買いものとしてもりようできるようです。

「地元でこんな魚が水揚げされているんだと市民の目に見える形で知ってもらい、

消費が増えてほしい。」との平塚市漁協の考えは、

地元・近隣の人々に喜ばれることと思います。

(神奈川新聞2014.4.19朝刊より)

アンコウの標識放流・成功例と失敗例。

2014423222142.jpg2014423221959.jpg2014423222038.jpg201442322211.jpg

小田原市漁協刺し網部会が研究活動としておこなっている、

アンコウの標識放流。

標識の付いたアンコウが獲れたと、今迄何度か記事にしました。

ちなみに、先日の赤色の標識は、昨年放流したものでした。

このように、漁獲したものに標識を付けて放流し、

それがまた獲れる(再捕)ということは、

標識放流の成功事例というべきものです。

今日はその反対、失敗のじれいです。

「黄の212」まさしく私がつい数日前に付けたものです。

放流地点の近くの刺網に、今日掛かっていました。

この無残な姿は、漁獲時に網にこすられ、

体表のヌメリが取れ、そのダメージが悪化してしまったものです。

すでに息絶えていました。

漁獲時に網によるスレのない個体をえらんでいるつもりですが、

なかなか見た目ではわからないダメージを受けているのでしょう。

放流したアンコウの一部は、このように死んでしまうという事例です。

このように放流後間もなくしんでしまうアンコウが、

かなりの割合であるとすれば、

1~数年後に再捕される比率も上がってきます。

アジ五目でいいアタリ。

2014420223034.jpg2014420223056.jpg2014420223125.jpg2014420223138.jpg201442022326.jpg2014420223226.jpg

今日も釣り船です。

アジ五目で出船。

オキアミ餌、アミコマセを使い、ウィリーやビシアジ用仕掛けなどで。

今日は小田原港前でポツリポツリとアタリが続きました。

型も中型主体、またサバも中~大型が混じり、

いいお土産ができました。

水深65~70m。

帰り際、130mぐらいの深みを流しました。

ここではドンコ・アナゴなどでした。

月別カレンダー

loading...

月別アーカイブ

ページ上部へ