ホーム>海真丸の今日はなんびき?>2015年9月

2015年9月

アミコマセ・オキアミ餌で、イナダ五目!

2015102214114.jpg2015102214131.jpg2015102214147.jpg201510221425.jpg2015102214229.jpg2015102214248.jpg201510221437.jpg2015102214323.jpg2015102214348.jpg201510221448.jpg2015102214425.jpg2015102214444.jpg

今日は釣り船です。

アミコマセ、オキアミ餌で、イナダ五目をやりました。

小田原港前、水深40mあたりを探りました。

朝の内はアジや小イサキなどの顔を見るものの、

アタリは多くありませんでした。

しかし、時間が経つにつれ、魚の食い気もあがってきました。

イシダイにマダイが釣れ、

続いてイナダもポツンポツンと揚がり始めました。

それからアタリは途切れず、

大サバ、カワハギ、ハタなど混じりで、

お土産ができ、昼過ぎ終了、帰港しました。

カワハギは・いました!!

2015928212847.jpg

2015928212925.jpg2015928212943.jpg2015928212959.jpg2015928213015.jpg2015928213025.jpg2015928213038.jpg2015928213053.jpg201592821315.jpg2015928213116.jpg

今日も釣り船です。

チームDLの皆さん、今週は、カワハギ・アマダイのリレーです。

カワハギは五目などでも釣れていたので、

今日も期待していたのですが、

予想外の苦戦でした。

朝の内は潮が流れず、アタリも無し。

少し流れ出してから、やっとアタリも増え、

1匹また1匹と顔を見られるようになりました。

今日は喰い込みが浅いのか、

いつの間にか餌をとられていることが多かったです。

魚自体は少なくないということでしょう。

外道に、ホウボウ・ベラ・カゴカキダイなど。

カワハギに遊ばれて時間もかなり押してしまいましたが、

アマダイに変更。

アマダイ他、アラ・ウッカリカサゴ・キダイ・ヒメコダイ・トラギスなどが釣れました。

チームなべちゃん、カッタクリでイナダ狙い。

2015927215251.jpg201592721536.jpg2015927215325.jpg2015927215338.jpg201592721542.jpg2015927215415.jpg2015927215426.jpg2015927215438.jpg

今日のチームなべちゃん、カッタクリでイナダを狙いました。

小田原港前、水深30m前後。

ソウダから釣れはじめました。

これにカンパチ、しばらくしてイナダが混じりましたが、

ほとんど顔だけでした。

しかし、移動したところでは、イナダがポツポツと釣れました。

一荷もあり、皆さんイナダのお土産ができました。

他、アジ、ギンガメアジ、サバなど。

イナダシーズン期待したいです。

2015926214650.jpg201592621474.jpg2015926214716.jpg2015926214728.jpg2015926214741.jpg2015926214754.jpg201592621484.jpg2015926214816.jpg2015926214826.jpg

今日の釣り船、チーム恵ちゃんです。

まずは、マグロを狙い、沖へと向けました。

大磯沖で何度か流してみましたが、

アタリなし。

ルアーでシイラが1ヒットのみでした。

10時ごろ、五目に替え、岸近くへとむけました。

水深30m前後、潮が速く、船も流しっぱなしでした。

最初に大・中サバが顔を出しました。

続いて、ヒラソウダ・マルソウダがポツポツと。

イナダはオキアミ餌、サビキ、ジグと皆さんお好みの仕掛けでしたが、

それぞれアタリがありました。

今日はイナダも十分楽しめる模様でした。

イナダシーズン、期待したいです。

メガイとエチゼンクラゲ。

昨日の夕方、網を打つ時、

サキシオが速く、今朝、網を手繰る時もサキシオが速かったです。

夜中はわかりませんが、

網が潮で動いてしまったような部分もありました。

2015925224611.jpg2015925224628.jpg2015925224646.jpg201592522473.jpg2015925224735.jpg2015925224751.jpg201592522483.jpg2015925224818.jpg

潮が速いと、時々石を拾ってしまうことがあります。

根府川や江之浦では、敷石になるような平たい石も揚がります。

重たくてバリバリと網を裂きながら、

また海中へと落ちていく石も多いのですが、

海面まで揚がってきたものは、一応点検します。

カジメの付いている表側、ひっくり返して裏側と。

いました。メガイです。

恐らく、この様な平面をアワビは好むのではないかと思います。

石に付いていたアワビを獲ると、

かなり得した気分になります。

もっとも、こんなことは滅多にありません。

ほとんどが徒労に終わります。

一方、カワハギを狙う刺網には、クラゲも一つ。

クラゲのことはほとんどわかりませんが、

ビゼンクラゲかと思います。

傘の直径約30㎝。数年前足置網の操業にも支障となった

巨大なエチゼンクラゲは、しばらく目にしていません。

今年はこの小型のクラゲが、相模湾に流入しているようで、

航行中なども時々見かけます。

 

本命アジはアタリあり!

2015923104744.jpg201592310482.jpg201592310492.jpg201592310501.jpg2015923105022.jpg2015923105140.jpg

今日も釣り船です。

アミコマセ・オキアミ餌で、

アジ五目をやりました。

本命のアジは、日中ポツポツとアタリがありました。

小イサキの釣れる所、中サバの釣れる所もあり、

辛抱しているとアジが顔を出したりします。

また、一時イナダも回遊、

船中数匹ですが、顔を見られました。

他にマダイ、カイワリ、カマスなど。

 

アミコマセ・オキアミ餌のビシアジ仕掛けで。

2015922224348.jpg201592222442.jpg2015922224414.jpg2015922224436.jpg2015922224449.jpg201592222452.jpg

今日は釣り船です。

アミコマセ・オキアミ餌のビシアジ仕掛けで、五目釣りです。

浅い所、やや深い所、何ヶ所か流してみましたが、

アタリが続いたのは、水深40m、タナは30mぐらいと

比較的浅かったです。

中小アジ、小イサキ、中サバがポツポツ。

さらに、シロムツやマダイ、カマスなども混じり、

お土産となりました。

台風からのうねりが多少ありましたが、

風弱く、凪でした。

800gのサザエから見えてきたもの。

2015922224923.jpg2015922224937.jpg2015922224955.jpg2015922225012.jpg2015922225031.jpg

イセエビの刺網漁も口開けから1か月半。

イセエビは今年の分をほぼ獲ってしまった感があります。

サザエもひと段落、かなり少なくなってしまいました。

ただ、昨夜、網を入れた場所は、まだポロポロとサザエが掛かってきます。

そして、今朝獲れた中に、かなり大きいものがありました。

計りに載せると800gでした。

日頃獲れる特大サザエが300~350gなので、

これは超特大です。

写真の隣のサザエでさえ400gあります。

今、江之浦で獲れるものとしては、

最大級でしょう。

何年生きてきたのかわかりませんが、

サザエがここまで成長できるということは、

ここの漁場環境が良好であることを

うかがわせてくれます。

様子見の漁。

カワハギなどを狙う刺網漁も、可能な限り操業していますが、

今のところ、「網を掛けています」といった状態。

今期はカワハギが5、6枚、ゴショウダイ1枚、イシダイ・イシガキダイ計3枚と、

これでよい方です。

カワハギが本格的に獲れてくるのは、

10月下旬か、11月になってからか、

それまで様子見の漁となります。

サメ多く、アタリ少なく。

20159132126.jpg201591321220.jpg201591321238.jpg201591321251.jpg20159132137.jpg201591321330.jpg201591321342.jpg201591321355.jpg20159132148.jpg

今日も釣り船です。

オニカサゴを狙いました。

冬場が中心で、この時期狙ったことがなく、

どうなのかと出船。

小田原港前、水深90~10mを流してみました。

所により、サメ(フトツノ)のアタリ連発。

水温がかなり低下するまで、サメは多いと思います。

そして、今日は生憎潮があまり潮れず、

1日を通して全体的にアタリが少なかったです。

オニカサゴは良型の顔を見られましたが、

半分のお客さんは釣れませんでした。

他にアラ、ユメカサゴ、ホウボウ、ムシカレイ、ドンコ、ヌタウナギなど。

 

月別カレンダー

loading...

月別アーカイブ

ページ上部へ