ホーム>小田原で釣れる魚

小田原で釣れる魚

アオリイカ

2013722162131.jpg

産卵前の5月から6月、成長期の10月から11月ごろが狙い目です。
藻場やガケ投石などのそばに」ついていることが多く、
身をひそめながら、よっててきた小魚などを捕食します。

アオリイカ専用のエギ(餌木)を海底より少し上へと落とし、
素早くしゃくって、アオリイカを誘います。
エギは彩色などによりとても種類が多く、水色や天候などで、好みが変化します。
刻々と変化する乗りの良いエギを見極められるかが、
釣果を大きく左右します。

身が厚く、甘みがあり、とてもおいしいイカです。
小型のものは軽く干して、さらに旨みを凝縮、最高の肴となります。

 

マアジ

2013722161230.jpg

小田原の漁業でも重要な魚の一つであり、船釣りでも人気の高い、
まさに小田原を代表する魚です。

年によってばらつきはありますが、ほぼ周年を通して楽しめます。
水深30~100mぐらいにかけて広く生息しており、
ビシ、サビキ、ライトタックルと、釣り方もいろいろ。
サバや小イサキなど、外道も多彩であり、五目釣りとしても楽しめます。

食べ方では、刺身・たたき・酢じめから、塩焼き・から揚げなどなど、
多くの料理に向いています。

 

カサゴ

2013725195617.JPG

小田原港前から続く磯づたいに生息しており、
水温上昇期の4月から6月が最も釣りやすい時期です。

ポイントは水深10m前後と浅く、
海底近くに下したエサでカサゴを誘う、という至ってシンプルな釣りです。
根掛かりしやすいのが少々難ですが。

カサゴは釣り味のみならず、食味にもファンが多く、
刺身・から揚げ・煮つけをはじめ、和洋中あらゆる料理に合う、万能の食材といえるでしょう。

 

ページ上部へ