ホーム>漁師ママのお魚料理レシピ>アジ料理

アジ料理

今日はごちそう!イナダ・アジ・サバ・ウルメイワシ!

久しぶりの魚料理です!

それも、定置網からのいただきもの!

我が家では獲れない魚が目白押し!!

さばきながら料理を考えるのが楽しかったです。

今夜のメニューは、

ウルメイワシの蒲焼風

アジのから揚げ

アジのホネせんべい

イナダのあら煮

イナダの刺身

イナダの腹身塩焼き

カマスの南蛮漬け

カマスのから揚げ

カマスのてんぷら

しめ鯖ウルメイワシの姿煮は、明日のお楽しみです。

アジの変わりさんが焼き

r090510.JPG

アジのすり身で揚げ物に飽きたら、さんが焼きを作ります。

今回は、バターで焼いた 変わりさんが焼き 

え~っ、またアジなの~。という子供たちを尻目に、

これはどうだい!!

バターのうまみにだまされて、

好評でした!

いつもはねぎを入れますが、切れていたため、タマネギを入れてみました。

作り方

アジのすり身400グラムの中に、ひとつまみ、味噌大さじ1、おろししょうが少々を

 入れて、よくかき混ぜます。

②みじん切りにしたタマネギ1/2個も混ぜます。

③小振りの小判型にまとめて、熱したフライパンにバターをひき、焼きます。

④食べるときに、少々醤油をつけてもおいしいです。

アジのさつま揚げ

r090508.JPG

冷凍しておいたアジのすり身で さつま揚げ を作りました。

根菜類をタップリ入れ、歯ごたえの良い さつま揚げ になりました。

ゴマ団子を作った後の、残ったゴマも入れてみました。

甘めにしたので、そのままいただけます。

作り方

①大き目のボウルに、アジのすり身400グラムを入れ、

 塩少々・味噌大さじ1・砂糖大さじ3・小麦粉大さじ1を入れて

 よくかき混ぜます。

ゴボウ・ニンジン・タマネギを好みの量千切りにして、

 ①の中に入れ、よく混ぜます。

180度の油の中に、小判型にした②をいれて、

 じっくりと揚げて出来上がりです。

砂糖が焦げやすいので、裏表返しながら揚げてください。

 

アジの磯辺揚げ

r090505.JPGのサムネール画像

アジのつみれを使った一品です。

つみれは、さつま揚げの味付けにしてノリではさみ、揚げました(写真左)。

作り方

①アジのつみれの中に、塩少々・味噌少々・砂糖少々・タマネギのみじん切り適量・

 つなぎで、小麦粉を少々いれ、よくまぜあわせます。

(小麦粉を入れすぎると粉っぽくなるので注意)

②ノリを一口大に切り分け、①のつみれをはさんでいきます。

③180℃の油で中に火が通るまでじっくりとあげます。

④味がついているので、盛り付けてそのまま召し上がれます。

アジとタマネギの天ぷら

r090505.JPG

3枚におろしたアジと、薄切りの新タマネギをあわせて揚げた天ぷら(写真右)。

先日の「アジ祭り」で、小田原市漁協女性部が作った自信作!!

3枚おろしの身をそのまま使った、ありそうでなかった天ぷらです。

タマネギの甘さとアジのおいしさが際立つ一品です。

作り方

①アジを3枚におろします。

②タマネギを薄いくし切りにします。

③小麦粉と水で天ぷら衣を作り、

 アジ1枚とタマネギ薄切り数枚をあわせて衣をつけ

 180℃の油でカリッとなるまであげます。

④天つゆや醤油、マヨネーズなど好みの味でお楽しみください。

 

アジの酢ジメ

r090504.JPG

さっぱりとした一品。

このまま食べても、握りすしのネタにしても。

簡単にできて日持ちがしますので(一週間)、

アジが多く手に入ったときには、お試しください。

作り方

①アジを3枚におろし、塩を全体になじむように振り混ぜ5分おきます。

②酢で塩を洗い、頭のほうから皮を指ではいでいきます。

③甘酢(市販のすし酢でもO.K)に漬けてできあがり。

すぐに食べても、しばらく置いてからでも、 おいしいですよ。

 

アジのつみれあんかけ

r090503.JPG

アジが続きます。

アジのすり身はどんな料理にも重宝ですが、

子供はそろそろ飽きてくる頃。

そんな時、ノリを使うと味に変化がでて香ばしく、

食もすすみます。

今回は片栗でとろみをつけてあんかけ風に仕上げました。

作り方

①アジを3枚におろし皮をひき、すり身にします。

②①に、おろししょうが少々と、塩ひとつまみ、小麦粉少々つなぎで入れ、

 よく混ぜ合わせます。

③深鍋にコンブだしでスープを作り、ひょうし切りして茹でたニンジンと、

 エノキやシメジなどのきのこを入れ煮立てます。

④③の中に、スプーンですくったアジのすり身を入れて、火を通します。

⑤仕上げに、ペースト状にしたノリをいれ、醤油・ミリンで味を調え、

 溶き片栗粉でとろみをつけます。

⑥クロノリをトッピングにして、盛り付けます。

 

アジのカルパッチョ

r090502.JPG

ここのところアジが続きます。

毎日たべても飽きないアジですが、

さすがに刺身が続くと、目先を変えた味付けにしてみたくなります。

今回は、トマトをふんだんに使ったドレッシングで、

カルパッチョを作りました。

刺身には醤油が一番!!という夫を尻目に、

子供たちは先を争って完食!!

アジのなめろう

r0904203.JPGr0904202.JPGr0904201.JPGのサムネール画像

辰清丸さんからいただいた、大きなアジ!!

見てください!

私の箸より大きいサイズです!!!

さっそく、にぎりようの刺身と、なめろうにしました。

刺身は、半身を4切れに分けるとちょうどいいサイズ。

なめろうは、子供たちにも大人気です。

なめろうの作り方・

①アジを三枚におろし、中骨をそいで、皮をひきます。

②出刃包丁の重さで身を細かくたたき、

 その中に、みじん切りのねぎと白味噌を適量入れて、

 混ぜ込んで、できあがり!

海苔にのせてたべても、

熱いご飯にのせて熱いお茶をかけても、

どちらもおいしいですよ~。

 

アジの骨せんべいと酢の物

0904105.JPG

 

根府川の定置辰清丸さんからアジをいただきました。

何を作ってもおいしい小田原のアジですが、

定番のアジのタタキを作るときに出る中骨を使った料理を2品。

3枚に下ろしたときに出る中骨を、粉をつけずにそのまま油でじっくりと揚げて骨せんべい

もう一品は、酢の物

下ろした身の細かい骨を毛抜きで抜かず、包丁で切ってしまいます。

それを粉もつけずにそのまま油で揚げ、

アツアツを甘酢につけます。(市販のすし酢でもおいしい)

ジュッと味がしみて、箸がすすみます。

 

ページ上部へ