海真丸の今日はなんびき?

続・年末に吠える!!

「でも、俺たち仕事だけはあるからなぁ」

失業者の話題になれば、そんなことを言いますし、

自冶体の財政が厳しいことも、

そのつけを次の世代に背負わせてはいけないことも、

漁業者だって分かっているつもりです。

なぜ、このようなことになってしまったのか、

その責任はどこにあるのか、

そのような検証が行われているとは、到底思えませんが。

その上で、どうしなければいけないのか、考えるのであれば分かります。

自営業者のみならず、勤めている人も、そうでない人も、

その家族だって、多くの人がカツカツの生活をしている、

これ以上、何をどうしろっていうのか!!というほどの。

そこへ、さらに我慢を強いろというのですから、

行政も、それ相当の覚悟がなければおかしいでしょう。

仕分け人どもが、役人をつるし上げて、それがテレビに流れたところで、

この難局を乗り越えようと、共感することが出来ないのです。

小田原の事業仕分けで、市民の仕分け人などは、

魚価経営安定のための事業を不要としたことに、

仕分けを担当した友人に妻が抗議すると、

「担当した仕分け内容ではないので、私に講義する内容ではない。

ただ、漁業者が死活問題だというくらい、影響のあるものとは思わなかった。」

とのたまったものです。

経営の悪化は、子供の教育にもすぐに影響が出ることなので、

考えているんでしょうね。

ちなみに、小田原市でも、

いくらなんでも不要にはできないとの考えで、

事業は継続となったようです。

 

月別カレンダー

2020年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930