海真丸の今日はなんびき?

水揚げ主体がサカタザメ・アカエイ・ミシマオコゼ!?

先日話題にしたサカタザメ、それにアカエイ、ミシマオコゼ、

今朝の小田原魚市場に並んだ面々です。

どれも刺網で漁獲されたものです。

このようにセリを待っているということは、

この魚たちも売れるということであり、

あまり知られてない魚でも利用されていることは良いことです。

ただ、長い漁閑期(端境期)にある現在の刺網漁では、

これらの魚が水揚げのプラスαではなく、

主体となっており、さびしい限りです。

少し姿を現し始めたカワハギやヒラメ、ホウボウなど、

主役の出番を待ち望んでいます。

 

月別カレンダー

2020年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930