ホンダワラの幼体

 

台風16号の余波なのか、

沖では南風が吹いているのか、小うねりが続いています。

イセエビの刺し網にも、海藻がやや多くかかってしまいます。

水深4~5mと、網をかける所としては、かなり浅い所で、

5㎝ぐらいの小さな海藻がかかっています。

ホンダワラ類の幼体でしょうか。

春から初夏にかけて、岩からはがれて流れ藻となったり、

あるいはその場でかれて溶けてしまうものが多いホンダワラ類。

受精後発芽して、しばらくはこのように小型で、

生長しないようです。

冬場、水温が低下すると、

一気に伸びて我々の目にもよく触れることとなりますが、

それまで、しばらくは、目立たないようにしています。

2023年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ご予約・お問い合わせは お気軽にご連絡ください!!
電話番号: 090-2303-0735
メールでお問い合わせ
ページ上部へ