サバフグの塩焼き、梅酢和え、鍋物。

釣りのお客様からは嫌われ者のサバフグですが、毒の無いフグで、

もっちりしっかりとした食感で、大変美味しいです。

下処理は次のとおり。

①肛門から包丁を入れ、腹を開き内臓とエラを取り出します。

②頭を落とし、ヒレをすべてはさみで切り落とします。これをしておくと皮が向きやすい。

③皮をむきます。頭の皮も向きます。ツルっときれいに向けます。

④2枚下ろし(鍋の場合は骨付きのぶつ切りで煮るとダシが出て美味しい)、あるいは3枚下ろしにして、

 塩を振り、バットに並べて冷蔵庫で10分ほど置いた後、

 取り出してキッチンペーパーで水分と塩をきれいに拭き取ります。

サバフグの塩焼き

①下処理したサバフグの半身を、低温でじっくり焼きます。

 魚焼き機では、一番低い温度で10分、ひっくり返して10分の合わせて20分焼いて出来上がり。

 薄い塩味が付いているので、そのままでおいしい。

梅酢和え

①3枚におろした身を薄切りにして、鍋に沸かした熱湯の中にくぐらせ湯引きして、

 火が通ったらすぐに氷水に入れて身を引き締めます。

②水けをきり、梅酢(梅干し、ミリン、酢、砂糖)とあえて出来上がり。

鍋物

①頭を包丁かキッチンバサミで二つに割り、ぶつ切りにした身も一緒になべに入れます。

 白菜、にんじん、キノコなど、好みの野菜も入れます。。

②水を入れ、火にかけて煮込んで出来上がり。味は、ポン酢で食べても、

 鍋に醬油や味噌の味をつけて食べてもお好みで。

 

 

 

2022年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ご予約・お問い合わせは お気軽にご連絡ください!!
電話番号: 090-2303-0735
メールでお問い合わせ
ページ上部へ