ホーム>海真丸の今日はなんびき?>2010年9月

2010年9月

ヒョウモンダコ

おっと、危ない危ない!!

甲板上をヒョウモンダコが歩いているではありませんか!

全長で、せいぜい3cmほど、

指先に乗る大きさですが、

曽野伸ばした手を引っ込めました。

その名の由来となっている、青い輪紋、ちいさな固体でもひときわ目を引きます。

2002年土屋光太郎「イカ・タコガイドブック(TBSブリタニカ)」によると、

房総半島以南の沿岸に分布、全長15mほどとあります。

ここ江之浦も分布域なのですが、

何しろこの大きさ、網にかかるには小さすぎ、

我々漁業者が目にする機会は少ないものです。

このタコも、気がついたら船の上にいたので、

イセエビの網にかかったカジメが石ころに乗っていたのか、

たまたま網につかまっていたのか・・そんなところでしょう。

ダイビングでは、目にすることが多いようで、

フグ毒と同様のテトロドトキシン(tetrodotoxin)が唾液腺の中に含まれ、

咬まれると死んでしまうこともあると、恐れられています。

ルアーとコマセ釣りで、アマダイ!イトヨリ!カマス!アジ!サバ!

今日は小田原地方、大雨でしたが、

お客さんに来てもらえたので出船することができました。

今日は、ルアーとコマセ釣りの混成チーム。

狙いもルアー部隊はタイ、コマセ釣り部隊はイナダと異なる上に、

今のところどちらもあまり好調とはいえない釣り物です。

とりあえず、竿・仕掛けすべてお任せのお客さんもいたので、

この方たちに照準を合わせて、

まずは港前から釣れるものを釣っていこうと、やってみました。

二宮から石橋にかけて、

点々と、イナダはもちろん、鯛も釣れる可能性のあるところを探りましたが、

両本命は顔を見ることができませんでした。

一方で、今日特に喰いの良かったのはカマスです。

水深20m~70mと、

ポイントによりかなり水深差がありましたが、

浅いところのみならず、深いところでもあたってきました。

サビキ、オキアミ餌、ルアー、どの仕掛けにもきました。

他には、中サバ多く、中・小アジ、マルアジも混じりました。

また、水深70m今日一番深いところでは、アマダイが1つ。

イトヨリダイはたて続けに数匹あがりました。

タイの場所でもあるのですが、

今後のアマダイ釣りの様子見もかねてと、

仕掛けをおろしてみました。

案の定というか、期待通り貸竿のお客さん、底ダチをつる間に、

アマダイが喰いついてきました!

空針にオキアミ餌をつけたウイリー仕掛けでした。

いい仕事をしていただき、ありがとうございます!

 

ヒメジ2種

どちらもヒメジの仲間です。

口の下に2本のヒゲがあります。

オジサンといわれるゆえんです。

ヒメジは定置網に入ったり、

キス釣の外道で釣れてきたりと、よく目にしますが、

ヒメジの仲間は、種類が多く、

この2種もその仲間です。

タコのカゴに入っていました。

9月25日朝市出店します!

明日の朝市出店します!

サザエをお持ちいたします!

よろしくお願い致します。

アオリイカシーズン到来!??

タコ漁のカゴにアオリイカがいました。

400グラム以上はありそうです。

アオリイカ釣もこれからがシーズン。

釣が楽しめるといいです。

カワハギポツポツ釣れ始めました!

昨日、今日と、2日続けてカワハギ漁は好調でした。

日に日に摂餌行動も活発になっているようです。

既に、小田原港の釣宿ではカワハギの乗合船がでており、

ポツポツ釣れています。

試しに聞いてみると、肝もかなり大きくなっていました。

釣り頃、食べ頃、シーズン到来です!

小田原前では、真冬になると、

カワハギは極端に釣果が落ち、肝も少なくなってしまいます。

早めの釣行をオススメします。

海真丸のご乗船お待ちしております!!

メジカツオイナダ・・好転せず。

釣り船出船です。

「メジ・カツオ狙い。ダメならイナダ」と、

現在の状況からはかなり厳しいメニュー。

結果もその通りとなってしまいました。

まずはカツオを探して沖へ。

瀬の海の沖を通過して、平塚・茅ヶ崎沖までくると、

鳥山があり、たまに跳ねも見えますが、

餌には見向きもせず、船下を素通り。

かなり粘ってみましたが、あきらめてオカへ入れました。

ここで、イナダが釣れてくれれば、どうにかなるのですが、

イナダの模様もいまだ好転せず。

1日やって、顔を見れるのかどうかといった程度です。

ここはお土産優先で、やや細目の仕掛けをお客さんにはお願いしました。

中・小アジ、小イサキ、サバ、カマスなどが、

所々でポツリポツリとあがりました。

うまくすればイナダもまわってくるような場所でしたが、

今日は、アタリがありませんでした。

仕掛けはウィリー(ライト)、サビキなど。

重り50~60号。釣り場は小田原港近くです。

そろそろカワハギ釣り!?

今日は、少々カワハギが獲れました。

まだ大きな動きがないので

定置網にはほとんど入りませんが

その定置網のイカリや土俵周りなど、ごく限られた場所で獲れます。

型もまずまず、身の付きも良いので、

かなり活発に餌を食べていると思われます。

このような所は、ちょうどカワハギ釣りで追うポイントです。

カワハギ釣りもそろそろいいんでないかい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

台風一過

あれよあれよという間に、

江之浦の港に草木の山ができてしまいました。

一週間前の大雨で、主に酒匂川から流れ出た物です。

私たちが片付けられるのは、

港まわりの浜に打ち上げられた物の一部です。

このような草木が今も海岸線に沿って、

延々と波打ち際を覆っています。

さらに沖へと出て行ったものの、

海水を含んで沈んでいったものが、一体どれだけあるのでしょうか。

この一週間、多くの漁業者を手間取らせ、

定置網漁では、休漁など経営上の損害も出てしまいました。

アワビはマダカでしょう。

エビ網にかかってきました。

一枚ずつ2日にかけて獲れました。

大きいほうは800g近くあります。

春先の水温の低い時ならともかく、

9月に獲れるなんてなかったと思います。

河水による塩分濃度の変化に刺激されて動いたのかもしれません。

シロムツ釣れています!

小田原の港前ではシロムツが釣れています。

水深200m前後、重り150号、サバ身エサで。

シロムツ良型、アカムツが混じることもあります。

月別カレンダー

loading...

月別アーカイブ

ページ上部へ