小田原江之浦漁港で獲れる魚コレクション

アサヒガ二とツキヒガイ。

アサヒガ二とツキヒガイ。
釣り船に出ない日は刺網漁をやっています。 魚はほとんど獲れませんが、これが仕事なので、休みなく操業しています。 アサヒガ二とツキヒガイが獲れました。

カキツバタ。

カキツバタ。
紫褐色の殻色、放射肋による強い起伏の殻表から、カキツバタではないでしょうか。 殻はたまにかかりますが、これは丸で獲れました。 水深30mほどまでに生息する普通種とのこと。 水深15m、刺網で獲れました。 (「日本の貝62…

シギウナギ。

シギウナギ。
シギウナギです。 水深100mで。 10年くらい前は、時々獲れていましたが、久しぶりに見た感じです。 このあたりの海には、少なからず生息しているのでしょうが、 この細い体のため網に掛ることは珍しいです。 全長約80㎝。

クエが4匹。

クエが4匹。
刺網漁に珍しくクエが掛りました。 1キロ前後と小型のものですが、4匹も。 何の加減か? 餌となる小魚が回遊してきたのでしょうか?

タルダカラガイ。

タルダカラガイ。
タルダカラガイのようです。 9月3日江の浦沖10m岩礁域で、イセエビの刺網に掛ってきました。 初めて獲ったと思います。 フィールト図鑑・貝類(1987・東海大学出版会)によれば、 紀伊半島以南とあります。

マツバガニ。

マツバガニ。
ヒラメの刺網にはマツバガニ。 過去に2,3回獲った覚えがあり、 私の網には滅多にかからないかにです。 見た目も、名前も、おいしそうです。 根府川沖80mにて。

ネコザメのフライと煮物。

ネコザメのフライと煮物。
ネコザメ、三枚におろしてみました。 この身だけ見ても何の魚だかわからないのでは。 サメ料理定番のフライと、写真はタレに漬けた焼物。

イタチウオとヒラスズキ。

イタチウオとヒラスズキ。
6月になり、イセエビは禁漁期に。 刺網漁はこれといったねらい目がなく、 最も魚の少ない季節となりました。 写真はイタチウオとスズキ。 スズキはヒラスズキです。 まだまだ小振りですが、さすがにヒラだけあり、 ずっしりとして…

オオクチイシナギ。

オオクチイシナギ。
オオクチイシナギ。約8㎏。 この魚としては、まだまだ小物です。 ただ、獲れることはまれで珍しい魚がかかることも 季節変化の表れでしょう。  

月別カレンダー

2021年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31