小田原江之浦漁港で獲れる魚コレクション

クエが4匹。

クエが4匹。
刺網漁に珍しくクエが掛りました。 1キロ前後と小型のものですが、4匹も。 何の加減か? 餌となる小魚が回遊してきたのでしょうか?

タルダカラガイ。

タルダカラガイ。
タルダカラガイのようです。 9月3日江の浦沖10m岩礁域で、イセエビの刺網に掛ってきました。 初めて獲ったと思います。 フィールト図鑑・貝類(1987・東海大学出版会)によれば、 紀伊半島以南とあります。

マツバガニ。

マツバガニ。
ヒラメの刺網にはマツバガニ。 過去に2,3回獲った覚えがあり、 私の網には滅多にかからないかにです。 見た目も、名前も、おいしそうです。 根府川沖80mにて。

ネコザメのフライと煮物。

ネコザメのフライと煮物。
ネコザメ、三枚におろしてみました。 この身だけ見ても何の魚だかわからないのでは。 サメ料理定番のフライと、写真はタレに漬けた焼物。

イタチウオとヒラスズキ。

イタチウオとヒラスズキ。
6月になり、イセエビは禁漁期に。 刺網漁はこれといったねらい目がなく、 最も魚の少ない季節となりました。 写真はイタチウオとスズキ。 スズキはヒラスズキです。 まだまだ小振りですが、さすがにヒラだけあり、 ずっしりとして…

オオクチイシナギ。

オオクチイシナギ。
オオクチイシナギ。約8㎏。 この魚としては、まだまだ小物です。 ただ、獲れることはまれで珍しい魚がかかることも 季節変化の表れでしょう。  

ホネガイ

ホネガイ
揚げ網中。 一瞬、虫に吸われて骨だらけだよ、と思ったら、 貝でした。 まったくホネガイとはよく言ったものです。 それほど希少性は高くないのでしょうが、 図鑑を観る毎に、漁場も棲息域なので、 獲れないものかと思っていました…

サルパなどの浮遊生物。

昨日、今日と潮がいくらか流れており、網を手繰っていても、 どんどん流されてしまいました。 網には浮遊生活をする様々な生物が掛ってきました。 クラゲのようにゼリー状の体のものが多く、 水面にくるとバラバラになってしまうもの…

月別カレンダー

2020年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930