今日の水揚げ漁模様

イセエビ少々。サザエ豊漁。

イセエビ少々。サザエ豊漁。
イセエビの刺網漁、今月始まったばかりなので、とりあえずイセエビも少々獲れています。 それにも増して、サザエが、春に続いて掛ってきます。 これを1個1個網からはずすわけですから加減して網を掛けないと大変なことになります。 …

江之浦にアオリイカの子。

江之浦にアオリイカの子。
江之浦の港にアオリイカの子供がいました。 5月ごろ産卵をするので、生まれて1~2ヶ月となるでしょう。 順調に育てば、夏の終わりに「コロッケ」サイズとなり、徐々に定置網に入り始め、 あるいは曳き釣りで釣られたり、 遊漁船の…

アサヒガ二とツキヒガイ。

アサヒガ二とツキヒガイ。
釣り船に出ない日は刺網漁をやっています。 魚はほとんど獲れませんが、これが仕事なので、休みなく操業しています。 アサヒガ二とツキヒガイが獲れました。

イセエビ漁もあとわずか。獲れない日も。

イセエビ漁もあとわずか。獲れない日も。
神奈川県では、イセエビの産卵期に合わせて6月から7月がイセエビの禁漁期。 イセエビの刺網漁も漁期あとわずかです。 あまり獲れませんが、。 1匹も獲れない日もあります。 ただ、サザエは良くかかります。 サザエ網状態です。

サザエが連日好調です。

サザエが連日好調です。
イセエビの刺網順で、サザエが連日好調です。 サイズはいろいろですが、1個100グラムぐらいのものが多いです。 小田原漁港内の「漁港の駅TOTOCO(ととこ)」にも出荷しています。 1袋10個前後で1000円にて、販売して…

カキツバタ。

カキツバタ。
紫褐色の殻色、放射肋による強い起伏の殻表から、カキツバタではないでしょうか。 殻はたまにかかりますが、これは丸で獲れました。 水深30mほどまでに生息する普通種とのこと。 水深15m、刺網で獲れました。 (「日本の貝62…

魚も減ってしまい。

魚も減ってしまい。
今月いっぱいが漁期のヒラメ網漁、残りわずかとなりました。 魚も減ってしまい、今日はヒラメ4枚、アンコウ6匹、それにミノカサゴと、 こちらもわずかとなりました。

シギウナギ。

シギウナギ。
シギウナギです。 水深100mで。 10年くらい前は、時々獲れていましたが、久しぶりに見た感じです。 このあたりの海には、少なからず生息しているのでしょうが、 この細い体のため網に掛ることは珍しいです。 全長約80㎝。

水温上昇で、魚は減りはじめ。

水温上昇で、魚は減りはじめ。
2月後半、江之浦沖の観測ブイでは、水温14度台を数日記録するものの、 低気圧通過と合わせたように水温は上がり始めてしまいました。 今日は16℃台もありました。 刺網に掛る魚も減っているようです。 水深40mでメバル。

月別カレンダー

2021年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930