海真丸の今日はなんびき?

ヒラメの種苗放流。

小田原市漁協刺網部会のメインイベント、

ヒラメの種苗放流事業を行いました。

神奈川県栽培漁業協会、相模湾水産振興事業団、小田原市漁協(JF)との合同事業で、

小田原市域の前浜に計45,000尾とかなりの尾数を放流したと思います。

うち、10,000尾は、刺網漁業者による部会が直接購入したものです。

ヒラメの水揚げ金額の一部を資金にあてています。

また、放流にあたっては、放流適地の選定という放流効果を高めるための重要な要因があり、

これには神奈川県水産技術センターの研究が利用されています。

今年の種苗は裏側の黒化個体が多く、私が見た限り、すべてのもので、

それも、パッと見てすぐ判る、かなり目立つものでした。

この種苗が順調に成長してくれれば、2020年12月からの漁期に、

裏側に黒い斑のあるヒラメが獲れることでしょう。

月別カレンダー

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031