海真丸の今日はなんびき?

稚貝放流したサザエ。

20141127224858.JPG20141127224929.JPG20141127224954.JPG

今朝も、イセエビの刺網にカワハギの刺網、

どちらも極めて低調な漁模様でした。

イセエビの刺網は、イセエビが既にほとんど獲れなくなり、

ナマコもまだアテにならず、

本命のサザエもめっきり少なくなって、

もう、どこへ網を掛ければいいのやら、

目標もなく、適当に網を打つ始末。

そして、わずかに羅網するサザエには、

一目で、稚貝放流したものと判る個体が、時々混じります。

これは、まだ蓋の計㎝ほどの小型で、

今年放流したものでしょうか。

確実に成長していることが、殻の色の変化からわかります。

フジツボなども、ほとんどついていません。

おもしろいのは、殻から伸びる刺です。

放流後の棲息環境により刺の有無・大小が決まると、

放流に携わる水試の研究員は言いますが、

刺の成長の大小には個体差もあるようです。

因みに、サザエの大きさは蓋の直径で計ります。

このサザエも成長したとはいえ、まだまだ小さく、

規則の上からも獲ることはできません。

再び海へと還ってもらいました。

 

月別カレンダー

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930