漁業が直面する脅威

先週のことですが、

(財)漁港漁場漁村技術研究所の調査研究成果発表会があり、

主催から声をかけていただき、参加してきました。

研究所の研究員の方々による論文の発表と、

パネルディスカッションの二部構成でした。

どちらも興味深いことが盛りだくさんで、

いろいろと勉強させていただきました。

ディスカッションで、限界集落化が進んでいるということと関連して、

「いい漁場があり、魚が獲れて、

経営も上手くいっている漁業経営があったとしても、

漁村というものがなくなってしまっては、存続することができないのではないか」

と、研究員が言われていました。

まったく、漁業とは、こうなんだと思わせる視点ではないかと思いました。

仕事と生活が切り離されて存在することは難しいのです。

行政サービスの効率化が求められ、

市町村合併が進む中、

漁村だけでなく、農山漁村部から都市へと人の流れは止まりません。

時代の流れといえばそれまでですが、

漁村に暮らすことが少しずつ困難になっていることは、

漁業が直面する脅威のひとつです。

 

2023年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ご予約・お問い合わせは お気軽にご連絡ください!!
電話番号: 090-2303-0735
メールでお問い合わせ
ページ上部へ