海真丸の今日はなんびき?

この、魚が獲れるいち日いち日がとても貴重です。

 

ここ1か月ほど、漁の模様については全く書くことができませんでした。

まず、海水温ははたして例年のように低下するかと思っていましたが、

県相模湾試験場の観測ブイのデータによれば、

14℃台となり、時に13℃台もあり、

今日もこの水温が続いています。

そして、潮色も濁りが強まり、漁にとっては良い環境となりました。

このような海況とともに魚も増えてきて、ヒラメを主体に、アンコウ、マトウダイもポツポツと混じっています。

時々、イシダイやホウボウ、マダイなどもかかり、

また、タカアシガニも数杯獲れました。

ムシカレイは毎日数枚と、少ないです。

漁のことですから、毎日毎日の多い少ないはありますが、

今のところ、続いているこの漁模様、

いつまでもってくれるのでしょうか。

来週には桜も開花するとのこと。

桜吹雪とともに魚も去っていくのが、毎年のこと。

徐々に先が見えてきそうです。

忙しいとはいえ、この魚の獲れる日々、

あと何日あるのかわかりませんが、

とても貴重な1日1日です。

月別カレンダー

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930