海真丸の今日はなんびき?

アンコウの放流地が判りました!

 

10041204.JPG

先日、私が再捕したアンコウの放流地が判りました。

神奈川県水試相模湾試験場の調べで、

なんと、青森県の下北半島で放流されたものでした。

今月に2個体捕ったのですが、

どちらも青森県の風間浦村を中心とする地域で

放流されたもので、

1~2年かけて小田原沖で再捕されました。

実際に移動にかかった時間もわかりませんし、

その間の経路もわかりませんが、

はるばる泳いできたのです。

その回遊する姿に思いを馳せるとともに、

津軽海峡ともつながっていたのかと、

アンコウの生態について、ナゾは深まるばかりです。

このアンコウの標識放流を中心になっておこなっている

「風間浦村きあんこう資源管理協議会」の皆さんは、

今年の3月8日に行われた全漁連主催の

第15回全国青年・女性漁業者交流大会に、活動発表を行っています。

「わいど村のキアンコウをトップブランドへ!ー風間浦村キアンコウ単価倍増へのとりくみ」

と題して、標識放流とともに、小型魚を漁獲せず放流、

ブランド化に」よって価格上昇、地域振興をはかるといった内容で、

その自主的、積極的な取り組みには、

頭が下がります。

私たち小田原市漁協の刺網部会と、女性部による活動にも

とても参考になります。

(全漁連の大会資料に詳しく載っています)

月別カレンダー

2020年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031