漁業・水産業がなぜ必要で重要なのか、「仕分け人」は理解していない

下関にある水産大学校も、

鳩山政権の「事業仕分け」の対象にされました。

はるか昔、私も受験した学校です。

今は、友人が教員として在籍しています。

私の出身校とは兄弟校です。

漁業・水産業がなぜ必要で重要なのか、

そして自然環境・生態系の一部である水産資源

(川崎健先生の言葉をお借りします)を利用するには

どんな研究が必要なのかを常々考えて、

その担い手を育てています。

選挙と支持率を上げることが目的の仕分け人どもとは、

論議がかみ合うはずありません。

そもそも、事業仕分けなどという勝手な手法に、

いかにも正義が存在しているようにふるまう仕分け人どもには、

五臓六腑が煮えくり返ります。

おもしろがってテレビを見ていて、

後で取り返しのつかない事にならないようにしなければと

私は思っています。

 

ついでに書きますが、高速道路の値下げで、

多くの航路が存続の危機となっています。

海に囲まれたこの地域において、

造船も含め、海運業は長い歴史の上に築かれた技術の集積です。

日本の各地には商船学校などの、船員を育てる学校がありますが、

学校を出ても働く場所がなくなってしまえば、

根底の教育から、海運業を支える構造が

崩壊してしまうのではないかと、危惧するのですが、

大げさでしょうか。

失うもののほうがはるかに大きいと思えてなりません。

2022年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ご予約・お問い合わせは お気軽にご連絡ください!!
電話番号: 090-2303-0735
メールでお問い合わせ
ページ上部へ