海真丸の今日はなんびき?

3年間禁漁後の柴のシャコ漁

10051701.JPGのサムネール画像
10051702.JPG

神奈川県は相模湾と東京湾の2つの海域に面しますが、

海の環境は大きく異なり、

漁業種類も当然違ってきます。

その東京湾を代表する横浜市柴漁港のシャコ漁が、

16日再開されたと、

神奈川新聞の記事になっていました。

漁前日の様子と初日の模様、

2日続けて大きく取り上げており、

漁業者のみならず、多くの人が待ち望んだ漁再開の

関心の高さがうかがえます。

かつて、柴のシャコといえば、シャコのトップブランドでしたが、

資源量の減少から、

3年間の禁漁になりました。

この3年間の苦労はいかばかりのものか、

漁業士会で顔を合わせる機会があり、

「今、サバを釣りに行ってんだけど、慣れない商売でさぁ」と、

げっそりやせてしまった柴の漁師、

何と返せばいいのか、窮してしまいました。

その初日の模様、

新聞によりますと、しっかり身の入った、いいシャコが獲れたと

伝えておりました。

加工に追われるかつての活況が早く戻ることを願います。

もっとも、漁業者としては、

明日はわが身、メインとしている魚種がいつ獲れなくなるのかわかりません。

かつて管理型漁業の成功例として、

学生時代、私も学んだ柴のシャコ資源でさえ、なのですから。

この事例からは、いろいろと学ぶことが多いようです。

広く、浅く、いろいろな漁業種類に取り組み、

危険を分散させれば、

ブランドを確立することはできません。

難しいところです。

月別カレンダー

2021年3月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031