海真丸の今日はなんびき?

テズルモズルふたたび

テズルモズルという名の生き物、

過去にも記事にしたような気がしますが、

2~3年に1個ぐらいのペースで、極たまにかかってきます。

それが、今日は2個も。

水深100メートルぐらい急斜面のガケのような所に落ちてしまった網に、

かかっていました。2個くっついてです。

数年に1度見ていたのではわかりませんが、

こうして2個並んでいると、明らかに色が肌色と茶色と、異なり、

このモシャモシャとした腕のようなものも、

肌色をした固体のほうが細かく、たくさん枝分かれしているように見えます。

単なる個体差か、成長度合いが異なるのか。

もしかしたら、雄雌かもと思いましたが、

そもそも雄雌があるのでしょうか。

有性生殖で子孫を残しているのか、何も知りませんでした。

詳しい方、教えてください。

さて、もう1枚の写真は、ヤナギムシガレイです。

やや深い所でヒラメ網の時期だけ獲れるカレイです。

たいして多く獲れませんが、とてもおいしいカレイです。

このところメイタガレイが少々獲れていますが、

昨日はムシガレイもはじめてかかってきました。

ムシガレイ類も漁模様を左右する重要な漁獲物ですので、

今後の出方が大変気になります。

 

月別カレンダー

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031