海真丸の今日はなんびき?

漁業者にしかできない趣味!!?

生命の星・地球博物館の標本整理室。

「なになに?」

「おぉっ!」

「これは、クラゲ?」

「間違いなくクラゲですな!!」

サカナ屋さん、トリ屋さん、ホネ屋さん、カニ屋さん、皆さん、

取り囲んで、喧々諤々。

一応、カニ屋さんが担当なので、図鑑と照らし合わせてさっそく検索。

とうやら、これではと、ほぼ同定。(アマクサスラゲという種のようです)

「え~、背面の点々も刺胞、毒は強く、刺されるとキケン!!」

「おぉっ!!」と、皆さん一斉に後ずさり。

自分は、こういった場所が大好きです。

ですから、何かおもしろそうなものがかかると、

少し早めに仕事を切り上げて、いそいそと博物館へ向かいます。

もちろん、すぐ近くにあるからこそできることですが。

特に冬場のヒラメ網は、操業できる網数も多く、

水深帯も浅場から深場まで幅があり、

いろいろなものがかかってきます。

今期も、珍種・奇種?は好調。(本命はイマイチですが)

博物館通いが続いています。

博物館に持ち込んだところで、全く商売にはならない、

完全なる趣味なのですが、

漁業者にしかできない趣味です。

 

月別カレンダー

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031