海真丸の今日はなんびき?

メガネウオ

これはメガネウオ。

水深20m、砂地と岩礁の境あたりで刺網にかかりました。

全長30cmほどで、かなり大きい方ではないかと思います。

ミシマオコゼ科、ミシマオコゼ属、ミシマオコゼの仲間ですが、

ミシマオコゼ、キビレミシマ、ヤギミシマ、アオミシマ、

どれも同じような体型をしており、

体色が多少異なります。

英名Stargazerは、星を眺める人、

頭部上面が平らになっており、

そこに目があります。

常に上を見ていることが英名の由来でしょう。

砂底で生活し、体は砂にもぐって、目だけ出し、

小魚などのエサをじっと待っています。

口の中を良く見ると燈色のひも状のものが見えます。

さらによくみると、

節(ふし)があるようになっていて、

ゴカイなどの環形動物に良く似ています。

これを口のすぐ前でひらひらさせて魚などをおびき寄せ、

パクリとたべるわけです。

この疑似餌を持っているのは、

ミシマオコゼの仲間ではメガネウオだけです。

月別カレンダー

2020年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930