海真丸の今日はなんびき?

ミギマキ

この魚はミギマキ、一目見てタカノハダイの近種と分かりますが、

タカノハダイに比べると、体型はやや細長いようです。

模様も白っぽい黄色地に真っ黒な帯状の線が入っています。

この黒い線がやや斜めについているため、

体に黒いヒモを巻いているようにもみえるのが

名前の由来でしょう。

ただ、これが右巻なのか、左巻なのか、

見解の相違があり、

ヒダリマキと呼んでいる地域もあるようです。

根府川沖15m全長約40cm。

タカノハダイに比べるとやや深い所に生息しているようですが、

数はかなり少ないようで、獲れても年に1~2匹です。

月別カレンダー

2020年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031