海真丸の今日はなんびき?

時化休みを利用して・読書三昧!

上陸してもなおゆkっくりの台風に、

堤防を越えるようなうねりはないものの、

今日も丸1日、波・風、強く、

船もそのまま。

長い休みですが、船が壊れる心配がないだけいいと思っています。

この土・日も釣り船のお客さんにおいでいただく予定でしたが、

中止となってしまいました。

いい陽気の日にあらためてご乗船いただけることを

お待ちしております。

時化の休みを利用して、本に向かうことが出来ました。

「マグロと放射能」水口憲哉(2011年世界9月号・岩波書店)

過去の放射能汚染の進行から、今後マグロ類の汚染の可能性について、

獲る人と食べる人に、避けて通ることが出来ない重い問題として、

提起しています。

「生命はなぜ生まれたのか」高井研(幻冬舎新書197)

京大院水産専攻出身ということで手にしてみましたが、

「最古の持続的生命の誕生と初期進化」のその具体的な環境を

類推して検証しています。

最近の知見にぐいぐいと引き込まれる読み応えのある内容です。

「海に生きるものたちの掟」窪寺恒己(サイエンス・アイ新書)

食い食われる関係の中にあって、

どのように生き物が工夫しているのか、

各々の専門家が紹介しています。

 

月別カレンダー

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031