海真丸の今日はなんびき?

ヒラメは極端なくらい場所によって水揚げの差が出ます。

ヒラメの刺網は、他の魚は少ないのですが、

ヒラメだけは、ボチボチ顔を見られています。

小田原城を見渡しますと、所により、ヒラメの漁模様はかなり上向いてきているようです。

正しくは、ここ江の浦沖あたりだけ、

取り残されて、顔を見る程度。

ここより東寄りの小田原や国府津地先などは、

桁違いの水揚げとなっています。

同じ小田原市域の沿岸といっても、

場所によって極端なくらい水揚げの多稼がでることがあり、

年によっても、漁期中の時期によっても変化します。

なぜそうなるのか、わかりませんが・・。

月別カレンダー

2020年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031