身近におかずがあふれていた景色は、過去のものとなってしまうのでしょうか。

ヒラメ網漁は一向に好転せずとも、桜が咲き、そしてちり、

無情にも時は流れていきます。

かつて、江之浦の港では3月まで養殖ワカメの水揚げに忙しく、

そして、今頃は天然ワカメが堤防にびっしりと生えていたものです。

その天然ワカメも今や風前の灯火となりました。

自分の係船ロープについている、この貴重な春の味覚をいただきました。

身近におかずがあふれていた景色は、

このまま過去のものとなってしまうのでしょうか。

2023年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ご予約・お問い合わせは お気軽にご連絡ください!!
電話番号: 090-2303-0735
メールでお問い合わせ
ページ上部へ