ヒラメ刺網漁を振り返って・つづき

ヒラメ刺網漁を振り返って続きです。

ヒラメは平均的か、それを上回るまずまずの漁獲でした。

それではその他の魚種はどうだったのでしょうか。

アンコウ・12月末より顔を出し始め、

1月末~2月上旬、ヒラメが増え始めた頃にピークがあり、

これはかなり早期でした。

そして、その後の漁獲はきわめて少なく、

3月後半より、終漁まで、日に数匹ていど、

少し獲れるようになりました。

ホウボウ・きわめて少なかったです。

マトウダイ・12~2月にかけて続きましたが、少なめでした。

イシダイ・3月中に少し獲れただけでした。

ムシガレイ・少な目でしたが、例年いなくなってしまう4月にも、

漁期いっぱい獲れ続け、産卵前のものも多かったです。

イズカサゴ・終了間際にチラホラ。

このように、ヒラメ以外の魚がすくなかったのも、

今漁期の目立った点です。

その他、ハシキンメ数尾、

キンタラ0尾、

マダイもわずか、

タカアシガニ3杯、

アカザエビも2~3尾

ウチワエビも数えるほどでした。

サメエイの類は、12月中にカワハギの網から続いて、

ホシエイが極めて多かったです。

ただ、サメはギンザメが漁期を通して多く感じましたが、

他は、ドチ、フトツノ、ナヌカ、ヨロイ、アイ、コロ、ホシ、などが

漁期を通してかかりましたが、多くなかったです。

他は、シュモク、エドアブラ、カグラ、ノコギリ、ホシザメなどが1~数匹獲れました。

 

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ご予約・お問い合わせは お気軽にご連絡ください!!
電話番号: 090-2303-0735
メールでお問い合わせ
ページ上部へ